脱毛方式が異なる

医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いは、採用しているマシンの出力の強さと料金です。

医療脱毛は、病院や美容外科で行われる脱毛で、必ず医師本人か医師立会いのもとで施術が行われます。厚生労働省の許可を得た出力の強い医療脱毛器を採用しているため、安全にかつ早くきれいに脱毛することが出来ます。

強い出力であっても、痛みが少なく肌へのダメージは抑えられていますが、万が一トラブルがあっても医師立会いのため安心です。また、少ない回数で脱毛を完了できるので短期間に脱毛を終わらせたいという方にはおすすめの脱毛方法です。

それに対し、サロン脱毛は医療脱毛に比べて、出力の弱い脱毛器しか使用することが認められていないため、一度に脱毛できる効果が低くなります。そのため、長期的に回数を重ねて脱毛を完了させる必要があります。その反面、肌にかかる負担が少なかったり、美肌効果を兼ねつつ脱毛してくれるなど、肌に優しい脱毛をすることができます。

また、サロン脱毛の一番のメリットは料金が安いという点です。焦らず、自分のペースで脱毛したい、痛みのない肌に優しい脱毛がいい、という方にはサロン脱毛がおすすめです。

この様に、どちらの脱毛機関を利用しても、脱毛効果は期待できますが、多少高い料金を払っても、短期間に確実にきれいにしたいという方には医療脱毛。多少時間がかかっても肌に優しく安い料金で脱毛したいという方にはサロン脱毛がおすすめです。