身近にあるもので脱毛

女性なら誰もが憧れるツルツル肌ですが、最近では自宅で気軽に出来る脱毛があります。
自宅にあるもので作れる簡単なものから本格的なものまで、そのバリエーションに富んでいます。
手作りワックス
材料は砂糖・レモン・蜂蜜です。焦げないように火にかけ琥珀色になるまで加熱します。人肌の温かさになるまで冷まし、脱毛したい箇所に薄く塗布します。その際、火傷には十分に注意してください。乾いたら毛の流れに逆らって一気に剥がし、洗い流して終了です。食品を材料としているため安全ですし、使用しなかった場合はお湯に溶かして蜂蜜レモンとして飲むなど、口にすることも出来ます。
電気シェーバー
かみそりのように表面の毛を剃るものと、生えている毛をキャッチして抜いていくものがあります。毛を抜く場合、一気に抜くと痛みを感じることが多いので、お風呂上がりなど毛穴が開いている時がベストです。処理をしたあとは冷蔵庫で冷却した濡れタオルなどで冷やし、ダメージを緩和してください。
家庭用脱毛器
最近増えている家庭用脱毛器。自宅で簡単に脱毛出来る手軽さが人気なので、サロンが近くにない、人に見られるのは恥ずかしい、といった方にはぴったりです。家庭用といえど光で毛根を焼くシステムは業務用と同じです。トラブルを避けるためにも、利用までに十分に冷やすことと毛を剃っておくことが大切です。

いずれにせよ、自己処理の基本は「無理をしない」「保湿」です。トラブルの出やすい自己処理だからこそ、前後のお手入れを怠らずに美しいお肌を目指しましょう。